ホーム » P活 » 私めっちゃスペック高いんです。P活 @六本木某所

私めっちゃスペック高いんです。P活 @六本木某所

私めっちゃスペック高いんです。

出会った場所

六本木 某所

スペック

身長 : 高め
体型: 細め
カッブ: E
お仕事 :モデル?
メモ : 整形、Tattoo
奉仕:★★★★★

やりとり

SDにて。

プロフィールでスペックが高いことをうたっていたので声がけ。終始、自分の容姿には自信があるとのことで、そこまで言うのであれば会わなければという判断。

出会い

いつものことだが、時間通りには現れず。

10分遅れでコンビニ前でそれっぽい方があらわれ声がけをすると、Hotelへ直行したいとのことでプロ臭がただよっていた。

スタイルは抜群に良いが、化粧とお顔は好みではなく写真と相違があったがまあなんとかなるかなと思い六本木高めのラブホへ直行。

まずは軽く自己紹介と世間話。どうやら東京と大阪を行き来しているモデルで、住まいは港区らしい。お金もってそうだけど、めだったブランド品などはなし。

互いにシャワーをあびたあと、体の細さの割にやけに形の良いおっぱいを触り始めると違和感が。あーあ、そういうことか。

そこから前戯に入りなかなか濡れない。緊張とかそういうのじゃない。ほんと濡れない。クンニしてもすぐ乾く。。。

一息ついていると彼女が何やら化粧ポーチをとりだした。

何をだすの?

と聞いたところ無言でチューブ型の容器を手に取り液体をだしアソコにぬるぬる。。。

なんとマイローションを持参していた。

そこでテンションがだだ下がり。といいつつ、ここで引くわけにもいかないのでさっさと挿入。

しかし気がのらないので、いつまでたっても発射せず。

最終的には彼女から早くイッテとの声がけがはいり全集中を試みたが、そんな状態ではますます萎えてしまい未フィニッシュで終了。

その後

彼女からはまた会いたいと連絡あり、アポをとるがドタキャンされ、もはや散々な目にあったためそれ以降連絡はとらず。