ホーム » P活 » えっ?なにそのビーチク。パート2 ビーチク クンピー

えっ?なにそのビーチク。パート2 ビーチク クンピー

びーちく
びーちく

パート1はこちら

出会った場所

東新宿

スペック

身長 : ヒールが高すぎ。低い
体型: ヒールが高すぎて足が長く見えるが、、、
カッブ: F
お仕事 :クラブ?
メモ : 犬を飼っている系
奉仕:★★★★★

東新宿で待ち合わせ

自宅マンションから近いということで、東新宿駅出口1番を指定。

ここは駅からバリアンが近いし、新宿方面からラブホにむかうよりもアクセスが良いのでおすすめ。

東新宿には思い出がたくさん。。。それは後日。

平日真っ昼間に待ち合わせをおこない今日はラフなスウェットで登場。髪の毛もアップしてて色気ムンムンでこっちはやる気ムンムン。

この辺のラブホで良いか確認をして、いつものバリアンへGo!

前戯の前の会話

部屋の入り口で、靴を脱ぐと思いのほか、背が低い。スニーカーもだいぶ厚底だ。いろいろと気にしてるみたいなので身長にはふれず他の話を。

最近ご飯は何たべてる? と当たり障りの無い話をすると、Uber Eatsの話に。Uberといえばタクシーを呼ぶアプリのことだと思っていたのだが、彼女はUberといえばUber Eats。世代のギャップを感じるのと、こういった都心に住む高所得者?の女性のニーズが高いのだなと。

アニメが好きとのことで、私の好きなアニメ、コミックをしてみたが全く趣味にあわない。。。話題をかえて、脱毛、美白などの話を。

異常に肌が白いため、手入れ大変だよね? との話から、私Tatooはいってるんだけど、大丈夫? みたいな会話を。

Tatooを嫌がる男性なんているのかな? 安いキャバクラのおねーちゃんはだいたいケツに彫り物はいっていたような気もするが、私は全く気にしない。むしろ入ってる率の方が高い。

さてさて

話をひととおりして、落ち着いたところでどっちがシャワーを先に浴びるかでじゃんけん。互いにリラックスした感じで、ベッド・イン。。。。

いつもどおりに、勝手に手足口が動いて反射反応だけで前戯をしているととある異変に気がつく。

ビーチクが勃ってる上に、めっちゃ不自然なピンク。肌が白いから? いや、これは噂に聞いたことがあるビーチクの色素を抜く処置をしているのだということか。

人工的な色ではないが、視覚的に全く自然な感じがしない。真っ白なおっぱいにめっちゃピンクな乳首。美容を極めるとこんなところまで手入れするんだ。金かかるよなー。

そんなことを思いながらパイオツに顔をうずめているとまたもや違和感。

違和感に気がついたのを感づかれないように自然に振る舞う。不自然に張ったおっぱい。柔らかさが均等ではない。そして、完璧な形。おおっ、ここは処置済みなのね。

そして下腹部に顔をずらしていくと、デザインカットされたマン毛 + 脱色した金髪。上から下まで徹底している。もちろんビロビロも色素が抜けている感じ。ただ、色が抜けきれてなくて中途半端にくすんでいる。ここは使いすぎか。

その後、アソコも何かあるのか? と期待しつつ突入したが、やはりそこは経験が蓄積されているのであった。

まとめ

出会い系でたまに遭遇する高級キャバなおねーさん。美容にかける情熱がすばらしかった。美肌、脱色、整形。

個人的にナチュラルなボタニカルな、ヒッピーなそんな女性が好みのため今回は非常に良い社会勉強になった。

ただ、同伴もアフターもシャンパン入れなくても、高級キャバなおねーさんと高コスパでイチャイチャできるのは出会い系の特権かもしれないと思った。時間もかからない。ゴールまで一直線!!

出会う手法でその女性との関係性が決まるので、世の男性はもっといろいろな出会い方を模索すべき。固定概念をすてて、リスクをおそれず、ゴールまでの最短距離を常にPDCAするのだ。

おすすめ記事